今日まで、子泣きそば
本日、子泣きそば夜泣き子守唄のラストdayです。

是非、ホテル森の風へお越しくださいませ。


そして、明日からは「血斗!高田馬場」

人数が沢山居ないと出来ないお芝居なので、なかなか観られるチャンスはありません。

是非ご観劇くださいませ。


今月初の剣劇です。


よろしくお願い致します。
| - | 02:43 | - | - | ↑TOP
3月後半!!
3月後半のお知らせです。

ホテル鹿角 劇団夢の旅公演に15日の千秋楽まで参加させて頂いて、17日から21日まで、山桜桃の湯 劇団要さんの公演に参加させて頂きます。

21日は、長谷心平座長の襲名3周年公演らしいので、少しでも力になれるように頑張ります。


ご来場、よろしくお願い致します。
| - | 00:12 | - | - | ↑TOP
本日より
本日より、お芝居「子泣きそば夜泣き子守唄」です。


実は、昨日blog更新したときに、お芝居の題名も書きたかったのですが・・
子泣きが先か夜泣きが先か分からなくなって、辞めました(笑)

ちゃんと確認してきました!!


というわけで、今日は自信を持って書いてます(笑)


明日は夜の部もございます。
しかし!!
ホテルさんの花火のイベントがあるそうで、20時より開演が遅くなる可能性があります。
ご注意ください。


夜の部は、本当にお客さんとの距離が近いですよ〜

踊ってる方も、何処を見れば良いのか?考えます。



ご来場、よろしくお願い致します。
| - | 00:08 | - | - | ↑TOP
ラスト!!
稲荷札ラストデーです。
是非とも、ホテル森の風へお越しくださいませ。


土曜日から、また演目が変わります。


よろしくお願い致します。
| - | 00:09 | - | - | ↑TOP
今日やると!
今日の公演をやりますと、明日は休演日です。

ご注意ください。

とは言え、車が無いと何処にも行けないので、ホテルで大人しくしてると思います。


秋田県は康楽館での責任公演を今年もやらせて頂くのですが、今年はトップバッターと言うことで、4月18日が初日です。

と言うことは・・初日まで、あと2ヶ月しかない!!という、結構びっくりな感じです。


既に色々考えないと間に合わない時期に突入してます。

なので、そんなこんなも考えながら、今月来月は過ごすことになりそうです。
もちろん!!まずは目の前の舞台を精一杯やることが大前提ですけど。


ホテル森の風以降は・・

ホテル鹿角 劇団夢の旅公演


初日・・2月29日
千秋楽・・3月15日
13時半開演
休演日・・3月4、9、13日


3月後半は、まだ未定ですが、何処かにお邪魔するかもしれません。決まり次第お知らせします。


康楽館責任公演
初日・・4月18日
千秋楽・・5月6日
開演時間・・10時〜と12時半〜
3日前までに20名以上の予約がある場合のみ、15時開演の回もございます。

千秋楽のみ、10時からの千秋楽バージョン1回公演。



よろしくお願い致します。
| - | 03:09 | - | - | ↑TOP
ラスト!
本日、お芝居「山の兄妹」最終日です。
二役やらせて貰ってます。
是非是非、観に来てやってください。


明日からはお芝居「稲荷札」です。

結構珍しい役やらせて貰います。
頑張ります。


明日は、今月初の夜の部もありますよ〜
| - | 03:15 | - | - | ↑TOP
初日開けました
ホテル森の風公演。
初日が終了致しました。


千秋楽まで、1日1日精一杯頑張ります。

応援よろしくお願い致します。


さて、桃の湯新春公演について少しだけ触れさせてください。

初日が昨年の大晦日。
年をまたいで、1月30日が千秋楽でした。


やらせて頂いた演目はお芝居で言うと11本。


孝行長屋
一羽の雀
権三助十風流かご
長屋の拾吉
母恋田原坂
困った時の人頼み
故郷の兄
釣忍
無明一刀逆流れ
銀次時雨
玉菊情話


昨年の新春公演でやらせて貰ったものはやらないようにしようと思って選びました。
銀次時雨だけは、改定したとこを観て欲しいという想いもあり、昨年に続いてやらせて貰いました。

ちなみに、昨年のラインナップは、こちら。

裸道中
二人の母
後追い笠
め組の長治
銀次時雨
源太時雨
ほたる
六助の首
弁慶の泣き所
忘却の空の下
関東嵐


昨年も11本でした。

昨年も今年も、自分で書いたお芝居が2本。
初めてやらせて貰ったお芝居が1本。

自分の責任公演でしかやれない久しぶりのお芝居も数本ずつ。



本来、正月公演、新春公演というものは、その劇場やセンターさんの顔になるべき座長さんがつとめるものだと思います。


だから、何の巡り合わせか、昨年に引き続き、2年連続で、桃の湯さんでの新春公演をやらせて頂けたことは、本当に有り難く光栄すぎることでした。

でもだからこそ、無事に終わるという最低限の目標は達成できて、ホッとしてるのも事実です。


もちろん、反省点はあげればキリがないですが。


それは、自分の中で反省して、消化して、またこれから活かしていかねばなりません。


お芝居や舞台があるから、何とかかんとか生けていけてる人間です。


リーダーシップも、素晴らしい技術や技も、他人より格段に優れてるものが特に無いような僕ですが・・


昨年に引き続き、今年も頼りになりすぎるメンバー一人一人に助けて貰いました。


舞台のことだけ考えれば良い1ヶ月だったのは、大変だったし忙しくはあったけど、ひたすらやりたいことだけやれた幸せな1ヶ月でもありました。


それは、間違いなく、色々気を遣って働いてくれたメンバー皆さんのお陰です。



スタッフさんにも、相変わらず良くして頂きました。


出来ることなら、もっともっと桃の湯さんに貢献出来る男に、なりたいのですがね。。。

それは、またこれからの努力次第かな。



何より、応援してくださった皆様、本当に本当に本当にありがとうございました。


もうすでに次の舞台が始まってますが、これにて、新春公演の個人的な感想とさせて頂きます。


読んでくださいまして、感謝です。
| - | 22:51 | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE