浅間の鴉
DSC_1230.JPG
昨日からお芝居「浅間の鴉」始まりました。


寛太座長弾けてます(笑)

ご来場お待ちしております。



そして、康楽館名物のお客様コーナーでお渡ししてる、ブロマイドやステッカーは、この機会にしか手に入りません!!


なので、もしも!「欲しい!!」というお客さんがいらっしゃいましたら、秀くんが客席に行ったときに、手を上げたり声を出してアピールしてください。

秀くんが選んでくれる可能性が大分高まります(笑)


さあ、今日も頑張ります!!
ご来場お待ちしております
| - | 09:51 | - | - | ↑TOP
前半戦終了
DSC_1229.JPG
本日、午前の部、お芝居「故郷の兄」終了致しました。

あっという間だったな〜


新吉のお兄さん、おしまの亭主、元はやくざ、今は百姓の三五郎さんでした。



ここだけの話…誰にどの役をやってもらうか?結構悩みました。


そして、全てを終えた今、今回の配役で、今回はベストだったと思ってます。

もちろん、また時がたてば、変わると思いますが。


寛太座長の赤城の仙太郎には、毎回毎回助けて貰いました。


ラスト…弟の仇を討とうとする場面…当初の僕の考えでは、おしまやおちかさんの想いや表情を受けて、諦める決心をするつもりでした。

でも、実際にやってみて、寛太座長の仙太郎が、物凄い覚悟(それは死が怖いという感情も含めて)の表情をしていて、それを見て、仇を討つのを諦める決心をさせられました。



にっくき仇に、最後は敵討ちを諦めさせられたのです。


これは、恐らく寛太座長の仙太郎だからこその流れだっと思いますし、僕のなかでは、とても勉強になる発見でした。


台詞でなくて、立ち回りで会話する…というのも勉強させて貰いました。



美和ちゃんのおしまには、結構難しい注文もさせてもらって、本人は日々悩みながらやってくれたと思います。

でも、亭主が好きで、優しくて、出来たら女房だというところは、最初からぶれることなく。


斗真さんの新吉は、出番の時間的には、全ての役の中で一番短いかもしれません。
でも、立ち回りも出来て、最初の数分でお客さんを引き付ける役目なので、逆にとても力量のいる役だったはずです。

まあ、三五郎と新吉、似てなくね??という突っ込みだけは無しでお願い致します(笑)


おちかさんは、鮎子さんにやってもらうと決めたときから、絶対に素敵になる!!と確信していて、ズバリその通りでした。
恐ろしい女優さんです。


亀さんは…沢山の無茶ぶりに怒らずに(本当は怒ってたかもしれませんが)、何でも面白く返してくださって、あのシーンが楽しすぎて、ちょっとずつお芝居が長くなってしまってたのは内緒です。竹内さん、ありがとうございました。
あと、美和ちゃん、ごめんなさい(笑)


おばばと子分、お客さんとふれ合うというめちゃくちゃデリケートな役、しかもネタが日替わり!!
変わって後半は立ち役で立ち回りまでしてもらって。

かなさん、もう明日からネタ考えなくて良いですからね(笑)今夜はゆっくり寝てください。


秀くんは、立ち回り関連で二役。


幕開け…寛太座長と。
終盤…僕と。

せっかくだから、今回の経験から何かひとつでも自分の糧にしてもらいたいです。


三五郎は…自分の中でしっかり考えて、今回の経験をこれからにいかしていきたいし、また成長してチャレンジしたいです。



明日からはお芝居「浅間の鴉」です。

下町ではよくやってるお芝居です。実際3景ものなんですが、大体最初のシーンはカットすることが多いです。しかし!今回は最初のシーンからやらせて貰います。

是非、観に来てください。



舞踊ショーは、基本的に同じですが、少しだけ追加されます。


さあ、明日から後半戦。頑張るぞー
| - | 21:26 | - | - | ↑TOP
あと5回
康楽館公演、前半戦。お芝居「故郷の兄」残すところ5回です。

15日は10時半からの1回公演ですので、午後の部はありません。お間違えのないように。



僕にしては珍しく??あと5回で終わっちゃうのか〜って思ってます。



いつもは終わるぞ〜!!って感じなのが、今回は少し寂しさを感じてます。


それが何故なのか…理由は分かりませんが(笑)



だからか、1日1日がとても早く感じてます。



残り5回。今出来ることを精一杯。
ご来場お待ちしております。


16日からの「浅間の鴉」
稽古も始まりました。

もちろん、こちらも頑張ります!!

今年の康楽館常打ち芝居のトリを飾る演目ですしね。



後半は…ちょっとジーンとして、沢山笑って貰いたいです。



小坂も遂に寒くなってきました。
暖かい格好でいらしてくださいね〜
| - | 23:31 | - | - | ↑TOP
前半戦の後半戦
日付変わって、本日康楽館常打ち芝居は休演です。しかし!康楽館では特別イベント曲げわっぱ太鼓が催されます。

僕も行ってみようと思ってます。



そんなこんなで、11月康楽館公演の前半戦「故郷の兄」も、いよいよ後半戦に突入です。
残すところ4日間7ステージ。
今出来る自分の力を出しきれるように、1回1回、自問しつつ頑張ります。


重たく暗いお話なのかもしれませんが、決して悲劇ではないと僕は思っています。


辛い苦しいときでも、何とか一歩、或いは、半歩でも明日に向かって踏み出そうと思って貰えるように。



そして、16日からはお芝居「浅間の鴉」です。


こちらは、全体的には喜劇タッチのお芝居です。


でも、それだけではありません。


色んなお芝居の良いとこ取りをしたような内容になってます。


痛快娯楽時代劇の代表みたいなお話です。

是非ともご来場くださいませ。
よろしくお願い致します。
| - | 01:14 | - | - | ↑TOP
こんな時間…
ご飯食べて、横になったら寝落ちしてて、こんな時間に起きました。


もちろん、また寝ますけど(笑)


康楽館公演も今日で1週間。



次のお芝居の稽古も少しですが始めました。



11日の休演日(康楽館では、曲げわっぱ太鼓あります!!)終わると、本格的に全体稽古が始まるので、その前にやれることを少しずつ。



何だか、あっという間に前半の演目も終わりそうです。
なので、まずは15日までに、是非是非ご来場ください。なにとぞ。どうか。絶対に(笑)
よろしくお願い致します。
| - | 02:44 | - | - | ↑TOP
4日目
康楽館公演、4日目が終了しました。
計8回公演させて頂きました。
少しずつ、変えるとこは変えて。
何回かやると、裏の段取りとかも、こうした方が早い!!とか分かってきます。


そして、16日からの演目のこともチラホラ考え出してます。
稽古は、もう少し先だけど…稽古の前にやりたいことをまとめておかねば。


日々、本番を重ねて、寛太座長を始め、みんなが「こうしたらどう?」とアドバイスや新たな考えを出してくれて、有り難いし、しっかりしなきゃ!!と思いつつ。



そんな感じで日々過ごしてます。


ミスチルのニューアルバムを遂に聞いて…嗚呼、神様って居るんだなとか思いつつ(笑)


明日も精一杯頑張ります。
なにとぞ、ご来場お願い致します。
| - | 18:20 | - | - | ↑TOP
初日
本日、康楽館公演、初日の幕が開きました。

1ヶ月間頑張ります。

何卒、よろしくお願い致します。


今、寮の部屋で…カメムシと格闘してます…

ちくしょー。捕まえられね〜(涙)
| - | 21:22 | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE